女性

酵素が体にいいのは常識|消化をお手伝いする成分

スッキリとした日常を

薬

腸内環境は生活習慣改善で

生活習慣の乱れは様々な弊害をもたらしますが、便秘もその一つです。なので便秘薬にすぐ飛びつきがちですが、その前に生活習慣の改善を行うのが先です。便秘は腸内環境が悪化する事で起きる事もあります。具体的には食物繊維やビフィズス菌等の善玉菌が不足して便が固くなったり黒くなってしまうのが一つの例です。よって便秘薬に頼る前に野菜を中心とした食生活に変える事をおすすめします。食物繊維は腸内の善玉菌を増やす効果もあるのでヨーグルト等と一緒に取り入れる事により腸内環境を改善できるので結果として便秘が良くなったりする場合もあります。しかし人によっては他に原因があるケースも考えられるので、その場合は他の便秘薬を使う事をおすすめします。

自分に合った物を選ぼう

便秘でよくあるケースが、便が固すぎて出て来ないといった場合です。下手に頑張り過ぎて痔にでもなったら大変です。そう言う方はマグネシウム系の便秘薬がおすすめです。特徴として腸内の塩分濃度を上げる事により浸透圧を利用して腸内の水分濃度を高めて便を柔らかくします。そして出しやすくするのです。またマグネシウム系の特徴として副作用が殆ど無いためおすすめできる便秘薬の一つです。またヨーグルト等を食べるだけでは腸内の善玉菌が不足する方もいると思いますので整腸剤のように乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれる物を選ぶのも一つの手です。この場合善玉菌の栄養となるオリゴ糖も併せると効果が上がりますので整腸剤を使う場合は純度の高いオリゴ糖を一緒に摂取するのが良いと思います。